2014年09月19日

秋になって夏よりぐっと湿度が下がってきました

湿度が下がってきたことは、顔を洗ったあとの肌のつっぱり具合でわかりますね。

湿度計をみると、夏は70%だったのに今50%まで下がってます。肌は正直ですね。外気の乾燥にすぐ反応する。つっぱるというのは、水分を蒸散させないように毛穴を閉じるからなんでしょうね、きっと。

さあそろそろ保湿をしっかりしないと、シワが増えてきます。皮膚の薄い目尻や口元のシワが気になるという方が多いと思います。私は目尻なんです。

シアバターは保湿に抜群なんですが、顔につけて化粧をするとべたべたするんじゃないかと心配される方もおられると思います。でも、目尻、口元、と薄くのばしてポイントにだけつければ大丈夫です。乾燥から守ってくれて、とても良い感じです!

そらのシアバター、改良され気温が低くなっても固くならないようになりました。使いやすいですよ。
最初の製品は、爪でかりかりやらないと取れなくて、ちょっと使い勝手が良くなかったですね。申し訳なかったです。

ここへきて、リピートのご注文が増えてきました。
あるお客様が「そうそう、去年使っていて、あのシアバター良かったのよね〜」と1つご注文くださいました。

シアバターがあれば、これからの乾燥の季節も安心です!!

ふたを開けたところ.jpg

そら シアバター について詳しく→

posted by そら 新藤 at 10:58| Comment(0) | シアバターの保湿効果

2014年08月26日

シアバターは深いしわに効くか?

シアバターは深いしわに効果ありますか? すごく深いしわなんですけど。肌は乾燥しているほうです。

午前中初めての方から、こんなご質問の電話がありました。

やってみる価値はあると思いますよとお答えしました。肌が乾燥しきってしまって、かたくなって、折りたたまれた「畳みじわ」にお悩みなのだと思います。
肌もずっと同じ細胞がそこにあるわけではなく、生まれ変わって新陳代謝はしています。なのにどうして深いしわがそのままなのかというと、肌が弱り切ってしまって自己回復力を失っているからです。

保水力、保油力、皮膚の組織をくみたてる力、それらが正常であれば、はりのあるなめらかな肌でいられますが、そのどれかが欠けていたり、またはすべてが失われていたりすれば、もとに戻る力がありません。

そうしたときにどうすればいいかというと、援助、つまり補助となる助けが要るわけです。水分と油分は、お風呂上がりに速やかに化粧水と油分(乳液、オイル)を補います。シアバターは肌に密着しカバー力が高いのでフタをするようなつもりでつけるといいです。しわが深いところにはたっぷりと重ねづけしてください。あとは化粧品のクリームなどは要りません。

こうして保湿してあげれば、保水力も保油力も少しずつ肌が取り戻していきますので、肌自身の自然治癒力がアップしてきます。

いままでのやりかたでは負のスパイラルだったわけで悪循環から抜け出せなかったのだと思いますが、肌の手入れも、きちんと汚れを落とす洗顔と保湿、この大事な2つの点をしっかりおさえていれば、かなり肌の状態は回復します。よいほうに回り出すと、ますます肌の新陳代謝はよい循環になってきます。

シアバターの保湿は重要なかぎとなります。肌が乾燥している状態とは、水分が肌表面から蒸発しっぱなしで油分も足りない状態。シアバターで肌の表面にオイルの膜をつくってあげると、角質もやわらかくなり、表皮に水分と油分が保たれるようになってきます。

だから、肌がしっとりとし弾力性がでてきて、なめらかになりツヤもでてくるのです。肌が健康に戻るわけですね。

浅いしわ、深いしわといっても、表皮は1.5oくらいしかありませんからその範囲でのことです。もしよほど深いしわであるならば、もっと肌の深い部分(真皮)にもダメージが及んでいるのかもしれません。そこは、新しい皮膚細胞がつくられるところです。ビタミンやタンパク質などの、皮膚をつくるために必要な栄養素が不足しているかもしれません。

そうなると、外からつけるだけでは足りませんので、サプリなどでビタミンなどを補給する必要がでてきます。

いずれにしても、シアバターで朝晩保湿してみて、1〜3ヶ月でどこまで回復できるか試してみるのも手かと思います。途中、そらフェイシャル・ソープやアルガンオイルを加えていくのもおすすめです。助けが増えれば肌の回復力もはやく戻るのではないでしょうか。

ふたを開けたところ.jpg

そら シアバター について詳しく→



posted by そら 新藤 at 13:17| Comment(0) | シアバターの保湿効果

2014年05月01日

シアバターとアルガンオイルがあれば、クリームは要らない

日頃の肌のお手入れですが、基礎化粧品は化粧水、乳液(またはオールインワンジェル?)、それに美容液やクリームを使う方が多いのではないでしょうか。

私もそうでしたが、30代半ばを過ぎると、とたんにトラブルが目だってきますね。シミ、しわ、くすみ、はり…がくんと肌が悪くなってきたと感じました。

若い頃は、たいして手入れしなくても大丈夫だったのに。トシをとるってこういうことか…と。でも、そのまま受け入れたくはないです。なんとか、あがこうとしました。

それで、ビタミンC導入液で低周波マッサージしたり、美容液パックしたり、アイリンクルクリームつけたり、ミネラルパックしたり、これでもあれこれと努力してきました。

でも、どれもそこそこで、決定打はありませんでした。

自社で、スキンケア製品を発売したのは、世の中にこれといった気に入る製品が無かったからというのも理由のひとつです。
自分がこのように悩んでいるのだから、同年代や年上世代もみな困っているはずだと思いました。

4年前から試験的にシアバターを使うようになりましたから、そのあたりから市販のクリーム、美容液は使うのを止めました。

去年は、高品質な保湿オイルであるアルガンオイルを発売しましたので、さらに安心になりました。シワやたるみの原因が乾燥だと分かったことは、すごい前進でした。保湿をすれば、いろんなトラブルが解決するのですから!

保湿のためのクリームは、いまでは、自社のシアバターとアルガンオイルだけ。美容液も、化粧品メーカーのクリームもいっさい使っていません。
今考えると、あれはなんだったんだろう? と思いますね。美容液もクリームも成分を見れば、水やアルコールの含有比率が多い。酸化させないようにとか、形状を保つための混ぜ物とか、肌への効果とは関係の無いものがたくさん入っているんですね。

肌のケアは結局シンプルなのが一番! 自分でやってきてホントにそう思います。

ちなみに化粧水、乳液は千円前後の手頃なものを。ハダラボ、ちふれなどで。ファンデーションはソフィーナを使っています。色物などはエレガンスのものをずっと使用。

先日ファンデーションを買いにいったら、いつもの美容部員さんが「季節の変わり目でファンデーションののりはどうですか?」と聞くので、思わず「絶好調ですよ!」と答えてしまいました。
ほんとに調子がいいんですもの。そらフェイシャル・ソープを新発売しましたので、それですっきり洗い落とし、アルガンオイルでケアしていると、肌の透明感がまして鏡をみるのが楽しみになりました。
肌がみちがえるほど明るくなりましたよ、大げさでなく。

いつもその美容部員さんに肌を褒められます。「ほんと、肌きれいですよね。透明感がありますよね」とこの日も言われました。その方の肌は、だいぶ荒れていました。お化粧のうえからでも、肌のボツボツが分かりました。自分のメーカーの化粧品を使わなければならないのでしょうねえ。教えてあげたいけれど無理。

今年51歳にしては、まあまあかなと自己満足してます。
これからの時期は、紫外線を顔に浴びないよう気をつけなければと思います。紫外線は肌の老化を促進しますからね!
今年目尻しわなくなった.jpg
posted by そら 新藤 at 11:24| Comment(0) | シアバターの保湿効果