2014年08月26日

シアバターと脂性肌

シアバターと脂性肌、いっけん合わないように感じるかもしれませんが、皮脂が出すぎるタイプの脂性肌のひとこそ保湿が必要なんです。

それは、なぜ皮脂が出すぎるのか? を考えると答えがでます。肌は乾燥すると、自分で皮脂腺から皮脂を分泌し潤いを保とうとするしくみがあります。

肌表面の湿度といいますか、乾燥度合いがバランスを保っていれば、皮脂をそんなに出す必要はありません。ところが、保湿をせず肌を乾燥させていると、常に皮脂がでてしまい、しまいに皮脂腺も肥大してきて、ますます沢山の皮脂を作り出すようになってしまいます。

こうして、皮脂分泌をさかんにしてしまうと、ますます悪循環になります。べたべた、ぎとぎとするので、より念入りに洗顔をしたり、ごしごしこすったり、脂取り紙で皮脂をひんぱんにぬぐい取ったりします。またそれで肌が乾燥するので、さらに皮脂が分泌されてしまいます。

という具合です。

この悪循環をたちきるのが、良質なオイルによる保湿です。さらっとして肌に入っていくタイプのアルガンオイル、肌の表面にオイルの膜をつくってフタをするように保湿するシアバター、この2種類のオイルがおすすめです。先にアルガンオイルをぬって、そのあとシアバターをつけるというふうに使い分けしていただくと、効果的です。もちろんシアバターだけでもかまいません。

保湿をするようになると、皮脂が十分足りている状態になりますので、皮脂分泌量はだんだん減ってきます。そして、皮脂腺も縮小して毛穴も小さくなってきます。Tゾーンのテカリや、小鼻の黒ずみもしだいに気にならなくなってきます。

このことは、わたし自身も体験しました。鼻の頭やあごの脂肪のぶつぶつ(角栓)も無くなって驚いています。ほんとにそうなりますので、試してみて下さい。洗顔石鹸(そらフェイシャル・ソープの相乗効果もあったかもしれませんが)。

今年目尻しわなくなった.jpg

シア脂.jpg

ふたを開けたところ.jpg

そら シアバター について詳しく→



posted by そら 新藤 at 13:39| Comment(0) | シアバターの効果

2014年05月01日

ひじの角質にシアバターが効果あった!

私としたことが! 湯上がりには、デコルテや手など必ずシアバターをつけていたのに「ひじ」のことは全く頭にありませんでした。あるときなんのきなしに、ひじを触ってビックリ!

がさがさなんです。皮がめくれていてひどい状態で。なんでもっと早く気づかなかったかなと反省。シアバターをつけていれば良かったのに…と。後になって思っても遅いですね。
早速その晩からお手入れを開始!

違いを見るために、左ひじだけにシアバターを塗ってみることにしました。朝晩シアバターを塗り込んでいましたら、日一日と良くなっていくのが分かりました。

違いがでてきたので、現時点での状況報告です。6日目でこんな感じです。

ひじの角質.jpg

恥ずかしながら、右のひじは汚いですね〜 
私としたことが!こんなところでずぼらなのが知れてしまいますね(反省!)。

実験終了しましたら、もちろん右のひじも同じように手入れしたいと思います。

シアバターを塗るだけで、この変化ってすごいですね。こうなると予想はしていましたが。
かかとの角質取りパックというのもありますが、あれは角質を無理矢理はがす薬品が塗布されていて、肌には悪いです。

かかともひじも、削ったり剥がしたりと無理にやるのではなく、このようにシアバターで保湿し、油分を補うことで皮膚の再生を助けてあげるという方法がおすすめです。

オイル成分構成と本体.jpg


フリーダイヤルで無料サンプルのお申込ができます。
たっぷり試せるシアバター無料サンプルです。
0120-548-224
オリジナル サプリとスキンケアの『そら』 
posted by そら 新藤 at 15:08| Comment(0) | シアバターの効果

2013年11月14日

水に流れないハンドクリーム、シアバター

今年はいつまでも暑さが残り、10月も記録的な気温でしたが、さすがに11月に入ってからは例年通り寒くなってきました。冬になるんだなあ、というのは手の指先のかさかさで分かりますね。

急にハンドクリームがほしくなります。台所で水を扱う頻度や時間、そのほか水に触れる頻度は変わらないのに、指先が荒れてひび割れができるようになります。

なんでかな? 水が冷たくなったせいだけではないと思います。

いくつか理由が思い当たるのです。
ひとつは、空気の乾燥。空気に触れている皮膚からはどんどん水分が蒸発します。これは指先も同じ。

そして、お湯を使うことも。手を洗うときや顔を洗うとき、水が冷たいのでそろそろお湯を使いますよね。お湯を使うと指先の皮膚角質が柔らかくなりふくらんで、角質層に含まれている「水分や油分」が洗い流されやすくなります。

指先ががさがさになって、さらにヒビが割れると痛いですね!たまりません。一度割れると傷口がなかなか閉じませんから。絆創膏をはってもなかなかなおりません。

冬は、手をぬらしたら、シアバターを塗っておくと酷くならずにすみます。また、シアバターは他の市販のハンドクリームのように水で流れたりしにくいです。

朝ぬれば、それほど頻繁につけなくても大丈夫です。主婦のかたで掃除、洗濯などなさる場合には、手をぬらした都度、つけたほうがいいかもしれません。

シアバターは少量で伸びますので、1回の使用量はそれほど多くなくてもいいです。市販のクリームのようにべたっとつける必要はありません。

荒れが酷い場合、沢山つければよくなるかというとそうでもなく、頻度を多くしこまめにつけたほうが効果的かと思います。

ふたを開けたところ.jpg


そらのシアバターについて詳しく→
posted by そら 新藤 at 11:05| Comment(0) | シアバターの効果