2014年08月26日

シアバターと脂性肌

シアバターと脂性肌、いっけん合わないように感じるかもしれませんが、皮脂が出すぎるタイプの脂性肌のひとこそ保湿が必要なんです。

それは、なぜ皮脂が出すぎるのか? を考えると答えがでます。肌は乾燥すると、自分で皮脂腺から皮脂を分泌し潤いを保とうとするしくみがあります。

肌表面の湿度といいますか、乾燥度合いがバランスを保っていれば、皮脂をそんなに出す必要はありません。ところが、保湿をせず肌を乾燥させていると、常に皮脂がでてしまい、しまいに皮脂腺も肥大してきて、ますます沢山の皮脂を作り出すようになってしまいます。

こうして、皮脂分泌をさかんにしてしまうと、ますます悪循環になります。べたべた、ぎとぎとするので、より念入りに洗顔をしたり、ごしごしこすったり、脂取り紙で皮脂をひんぱんにぬぐい取ったりします。またそれで肌が乾燥するので、さらに皮脂が分泌されてしまいます。

という具合です。

この悪循環をたちきるのが、良質なオイルによる保湿です。さらっとして肌に入っていくタイプのアルガンオイル、肌の表面にオイルの膜をつくってフタをするように保湿するシアバター、この2種類のオイルがおすすめです。先にアルガンオイルをぬって、そのあとシアバターをつけるというふうに使い分けしていただくと、効果的です。もちろんシアバターだけでもかまいません。

保湿をするようになると、皮脂が十分足りている状態になりますので、皮脂分泌量はだんだん減ってきます。そして、皮脂腺も縮小して毛穴も小さくなってきます。Tゾーンのテカリや、小鼻の黒ずみもしだいに気にならなくなってきます。

このことは、わたし自身も体験しました。鼻の頭やあごの脂肪のぶつぶつ(角栓)も無くなって驚いています。ほんとにそうなりますので、試してみて下さい。洗顔石鹸(そらフェイシャル・ソープの相乗効果もあったかもしれませんが)。

今年目尻しわなくなった.jpg

シア脂.jpg

ふたを開けたところ.jpg

そら シアバター について詳しく→



posted by そら 新藤 at 13:39| Comment(0) | シアバターの効果

シアバターは深いしわに効くか?

シアバターは深いしわに効果ありますか? すごく深いしわなんですけど。肌は乾燥しているほうです。

午前中初めての方から、こんなご質問の電話がありました。

やってみる価値はあると思いますよとお答えしました。肌が乾燥しきってしまって、かたくなって、折りたたまれた「畳みじわ」にお悩みなのだと思います。
肌もずっと同じ細胞がそこにあるわけではなく、生まれ変わって新陳代謝はしています。なのにどうして深いしわがそのままなのかというと、肌が弱り切ってしまって自己回復力を失っているからです。

保水力、保油力、皮膚の組織をくみたてる力、それらが正常であれば、はりのあるなめらかな肌でいられますが、そのどれかが欠けていたり、またはすべてが失われていたりすれば、もとに戻る力がありません。

そうしたときにどうすればいいかというと、援助、つまり補助となる助けが要るわけです。水分と油分は、お風呂上がりに速やかに化粧水と油分(乳液、オイル)を補います。シアバターは肌に密着しカバー力が高いのでフタをするようなつもりでつけるといいです。しわが深いところにはたっぷりと重ねづけしてください。あとは化粧品のクリームなどは要りません。

こうして保湿してあげれば、保水力も保油力も少しずつ肌が取り戻していきますので、肌自身の自然治癒力がアップしてきます。

いままでのやりかたでは負のスパイラルだったわけで悪循環から抜け出せなかったのだと思いますが、肌の手入れも、きちんと汚れを落とす洗顔と保湿、この大事な2つの点をしっかりおさえていれば、かなり肌の状態は回復します。よいほうに回り出すと、ますます肌の新陳代謝はよい循環になってきます。

シアバターの保湿は重要なかぎとなります。肌が乾燥している状態とは、水分が肌表面から蒸発しっぱなしで油分も足りない状態。シアバターで肌の表面にオイルの膜をつくってあげると、角質もやわらかくなり、表皮に水分と油分が保たれるようになってきます。

だから、肌がしっとりとし弾力性がでてきて、なめらかになりツヤもでてくるのです。肌が健康に戻るわけですね。

浅いしわ、深いしわといっても、表皮は1.5oくらいしかありませんからその範囲でのことです。もしよほど深いしわであるならば、もっと肌の深い部分(真皮)にもダメージが及んでいるのかもしれません。そこは、新しい皮膚細胞がつくられるところです。ビタミンやタンパク質などの、皮膚をつくるために必要な栄養素が不足しているかもしれません。

そうなると、外からつけるだけでは足りませんので、サプリなどでビタミンなどを補給する必要がでてきます。

いずれにしても、シアバターで朝晩保湿してみて、1〜3ヶ月でどこまで回復できるか試してみるのも手かと思います。途中、そらフェイシャル・ソープやアルガンオイルを加えていくのもおすすめです。助けが増えれば肌の回復力もはやく戻るのではないでしょうか。

ふたを開けたところ.jpg

そら シアバター について詳しく→



posted by そら 新藤 at 13:17| Comment(0) | シアバターの保湿効果

2014年08月25日

秋の気配を感じたらそろそろ顔にもシアバター

暑い暑いといいながらも、朝晩は涼しくなり夜は虫の音が聞こえ、秋の気配を感じるようになりました。夏のようなじめじめもなくなり、これから空気も乾燥してきます。

先週末美容院に行ったのですが、なんで美容院の鏡って肌の様子までああくっきり見えてしまうんですかね? なんだか肌に疲れが感じられて、めずらしく目の下にクマができていました。ショックです。
ずっと暑かったから、7月8月と目の周りにはシアバターをつけていませんでした。

これは大変!と思い、夜目の周りにたっぷりシアバターをつけて「集中補修」。たくさんつけてもシアバターは全然べたべたしないのがいいですね。アルガンオイルほどではないですが、シアバターもけっこう肌に入っていくオイルです。

目の周りは身体のなかでいちばん皮膚が薄いそうです。
調べましたら、顔では頬 2.4o、まぶた 0.8o、目尻 1.4o、目の下 1.2o
となっており、頬の半分くらいしか厚みがないんですね。そのうえ目の周りには皮脂腺も汗腺もありませんので、乾燥しやすいのは当たり前なのです。だから目の周りにはしわができやすいんですよね!

さらに、まばたきは一日に2万回もしているんだそうです。乾燥しているうえに運動量が多いのですからたまりません。保湿を入念にしないといけないです。

そらシアバターは、無香料、無添加でシアバター100%。万一目に入ったりしても大きな害はありませんので安心して目の際にもつけられます。

目尻のしわ.jpg

目尻アップ.jpg

ふたを開けたところ.jpg

そら シアバター について詳しく→



posted by そら 新藤 at 10:36| Comment(0) | シアバターお試し