2012年12月15日

美容オイルの品質は製造技術によりけり

シアバターもオイルの一種ですが、オイルは精製など製造過程によって、品質が変化するひじょうにデリケートなものです。

皆さんも経験がおありかと思いますが、同じシアバターでもメーカーによってやわらかめのもの、固いもの。そして、酸化したような臭いのするもの、無臭のもの…といった具合にとても差があります。これは、どうしておこるのかというと、様々な条件によって変わってきてしまうからです。

まずは、原料の質です。生産国アフリカでどのような原料をチョイスするか? つぎに精製技術。製品に詰める段階での製造技術などがおおまかにあげられます。

手造りコスメ用に、大袋などで販売されているシアバターは現地調達のままだったりします。コストがかかっていないのでお安いです。

また、外国から輸入したままの製品も出回っています。外国語のパッケージの上に日本語ラベルが貼ってあるものです。未精製で少しベージュがかっていたりします。

当社では、フランスの大手油脂メーカーで精製したシアバターを輸入し、日本のトップレベルの製造工場で、それを一旦湯煎で溶解し、パッケージにつめています。ですから、日本製ということです。

この溶解技術なのですが、これがとても難しく、技術が要ります。釜で直接熱をかけてしまうとシアバターは酸化しやすくなってしまいます。時間がかかるのですが、湯煎にかけてゆっくりと溶かしていきます。溶けたシアバターは写真のようにオリーブオイルみたいに黄金色をしていますね。

これを室温でゆっくり固めていきます。そうすると、真っ白なシアバターの完成となります。

100%ピュアシアバターをうたった製品は、あちこちで見受けられますが、その製造過程は同じではないのですね。それが、長い間使ううちに、使い心地に差がでてくる理由ではないでしょうか。

製造の様子.jpg


そらのシアバター
純度100%精製シアバター(日本製)100ml2940円 ※お試しあり
posted by そら 新藤 at 11:26| Comment(0) | シアバターの製造

2012年12月14日

冬頭皮がかゆくなるのも乾燥が原因だそう

スカルプケアの第一人者 大場オーナーが経営されている赤坂にあるコスメショップ「ハロースカルプ」に当社のシアバターをおいてくださることになりました。

スカルプとは頭皮ですが、わたしも以前から興味がありました。髪の健康も大事だけれど、地肌(頭皮)も大事なんだろうなあと。シャンプーはこだわって結構お高いものを使っているのですが、保湿はなんにもしていないのでちょっと気になっていました。

このところ、シアバターの発売を機に、オイルケア、肌の乾燥、保湿などのキーワードをあれこれ調べていくなかで、「このところ頭がかゆいのは、ひょっとして地肌が乾燥しているせい?」と思い当たりました。

冬はお風呂上がりに肌から油分がとられ、乾燥して背中やスネなどにかゆみがでるということがわかり、そこからの発想です!

ネットでしらべると、案の定…

-------------------------------------------------------------------
以下ネットより

皮膚の痒みの原因として、もっとも多いのが乾燥です。
健康な肌は、角質細胞の間にセラミドなどの細胞間脂質が充分にあり、しっとりうるおっています。さらに、角質層の表面は皮脂と汗が混ざりあった皮脂膜におおわれ、肌の水分が蒸発するのを防いでいます。

しかし、肌が乾燥すると角質層の表面をおおっていた皮脂膜がこわれ、肌の水分が蒸発していきます。その結果、細胞間脂質も不足して角質層がスカスカになってしまうのです。バリア機能がうまく働かなくなって、外部からの刺激が皮膚の内部に直接加わります。そのため、身体が温まったり、汗をかくなどの普段なら何でもない程度の刺激でも、かゆみの原因になってしまうのです。
また、皮脂が多いからといって乾燥していないわけではなく、乾燥によって皮脂が過剰に分泌されることもあります。頭皮も同様です。

対策としては、「ヘア トニック(非油性)」「ヘアリキッド( 油性)」を使用されてみて下さい。

また、頭の洗い方としては、たっぷりの泡で優しくマッサージをする様にされて下さい。指の腹で頭皮を優しく洗う様にされて下さい。また、シャンプーやリンスの成分が残らない様に十分洗い流して下さい。

----------------------------------------------------------------------------

お世話になっている美容院の先生が、リンスやトリートメントが頭皮に残っているとかえってよくないんだよ、ショートヘアならシャンプーだけでも大丈夫、とおっしゃったのでだいぶ前からシャンプーのみで、そのあと何もつけていなかったんです。

ん〜、地肌のケアも必要のようですね。ただし、むずかしいと思うのは、地肌はなにかオイルで保湿したいけれど、髪の毛にオイルがついてしまうと髪がべたついて、髪もぺったりしてしまいますよね。

ちょっとこれからスカルプケアについて、勉強してみようと思います。

まずは、現状自分の頭皮の状態は健康なのか?について知りたくなりました。

お取引がはじまったスカルプケアサロンOHBAさんで、トータルケアを受けてみようと思います。

posted by そら 新藤 at 14:36| Comment(0) | 保湿とアンチエイジング

2012年12月13日

ママバター、松山シアバターとの値段比較

食材宅配でおなじみのパルシステム、らでぃっしゅぼーやでもシアバターを取り扱っている。

いくらくらいで販売しているのだろう?と価格比較してみました。

★らでぃっしゅぼーや ママバター 25g1260円(g単価50.4円)

らでぃっしゅぼーやシアバター.jpg

★パルシステム 松山シアバター 20g945円(g単価47.2円)

パルシステムシアバター.jpg


両製品ともに無添加、純度100%をうたっている。見たところ、白いので精製シアバターであろうと思う。
当社のシアバターは、100ml、g換算で90gですから、90g2940円(g単価32.6円)。

ママバター、松山シアバターと比較しても、十分リーズナブルです。

◆ そらのシアバター
8mlのお試しサイズもあります。
posted by そら 新藤 at 10:04| Comment(0) | 製品について