2014年10月21日

【おしらせ】そらシアバターブログは「そらのスキンケアブログ」に統合されます

そらシアバターで全身うるおい♪ blogを読んでいただきありがとうございます。

新しく「そらスキンケア」blogに統合し、こちらで情報発信していきたいと思います。
めざすは、なかからの素肌美!です。
脱ファンデ、脱シャンプーをめざしましょう!

そらスキンケアblog はこちら→
posted by そら 新藤 at 15:51| シアバターお試し

リップクリームのみに使いたいというお問い合わせ

さきほど新規の方から、シアバターお試しのお申込がありました。そして、おっしゃるには「製品は100g入りとのことだが、自分には量が多すぎる。サンプルのサイズがちょうどいいくらいだが、これはずっと売ってもらえるの?」とのご質問。

続きを読む
posted by そら 新藤 at 14:30| リップクリームにシアバター

2014年10月06日

中年女性にとってシアバターは力強い助っ人

シアバターの使用感、効果というのは、使ってみていただくとわかるのですが言葉ではなかなか言い尽くせないです。

肌表面にのびてぴたっと張り付き乾燥から守ってくれる。一枚の膜をつくってくれるので、保湿カバー力が高いです。というと、暑苦しいのでは?息苦しさは感じないの? と思われるかもしれません。

ところが、そういった不快感がシアバターには無いのです。表面にオイルの膜をつくり肌を乾燥から守ってくれるのに、重さはなく違和感を感じない。シアバターの魅力はここだと思います。

植物油は、植物によってさまざまな脂肪酸の組み合わせがあります。シアバターの特徴はステアリン酸。常温だと固めのクリーム状で体温になじませるとすうっと溶けてのびてくれる。膜をつくる感じやカバー力の高さは、この脂肪酸の特性です。

それでいて暑苦しくないのは、オレイン酸が含まれていて肌に馴染みやすいため。

自然の力ってすごいですね。シアの木も、人間に利用される為に実をつけるわけではないのでしょうが、たまたま人間が便利に利用できるオイルだったということ。恩恵に感謝しなければいけませんね。

エイジングによって女性の肌もいろいろな悩みがでてきます。シワだったり、シミだったり、たるみ、くすみ… 自分自身の肌が水分や油分やハリを保つ成分が減ってくるからですね。

こうした肌にしてあげられることで、まず優先すべきは「保湿」なんですね。保湿してあげることで、力が弱まった加齢肌をいたわることが出来、スタミナが温存出来る。そうすれば、余力をターンオーバーに向けることができるわけです。

シアバターやアルガンオイルなどの美容オイルが「加齢肌や乾燥肌に効く!」というのは、美容オイルの成分がストレートに効くという意味では無く、めぐりめぐって間接的に広範囲に有効性があるということなんです。でもそういうことのほうが大事ですね。

そらシアバター について詳しくはこちら→



posted by そら 新藤 at 15:01| 保湿とアンチエイジング

2014年09月23日

湿度40%になると手がかさつきますね

昨日今日と手がかさつくなあと思って湿度計を見ると、40%。天気予報で上空に乾燥した空気が流れて湿度が下がるっていっていましたが、ほんとにその通りになっている。

手が荒れるなんていうのは冬の話、と思ったらもう今ぐらいの時期から悩みが始まるんですね。さっそくシアバターをすり込んでケアしています。むかしむかしは、ニベアとかアトリックスなどをよく使っていましたが、べたべたしたり、手を洗うとすぐ落ちてしまったりでそんなに良くなかったという記憶があります。

シアバターはアフリカに自生するシアの実からとった植物脂で、弊社のシアバターは精製しただけで他に香料や保存料などなにも加えず無添加で作られています。
だから、赤ちゃんからお年寄りまで安心して使えます。また、乾燥肌、敏感肌、アトピー性肌のかたや化粧かぶれのでやすい方にもお試しいただけます。

シア脂.jpg

ふたを開けたところ.jpg

初めてのかたには、携帯用ミニサイズ通常900円を『お試し特別価格300円』にてお試しいただけます。
お申込はこちらから→

HPTIMAGE.jpg


posted by そら 新藤 at 14:05| Comment(0) | ハンドクリームについて

2014年09月19日

秋になって夏よりぐっと湿度が下がってきました

湿度が下がってきたことは、顔を洗ったあとの肌のつっぱり具合でわかりますね。

湿度計をみると、夏は70%だったのに今50%まで下がってます。肌は正直ですね。外気の乾燥にすぐ反応する。つっぱるというのは、水分を蒸散させないように毛穴を閉じるからなんでしょうね、きっと。

さあそろそろ保湿をしっかりしないと、シワが増えてきます。皮膚の薄い目尻や口元のシワが気になるという方が多いと思います。私は目尻なんです。

シアバターは保湿に抜群なんですが、顔につけて化粧をするとべたべたするんじゃないかと心配される方もおられると思います。でも、目尻、口元、と薄くのばしてポイントにだけつければ大丈夫です。乾燥から守ってくれて、とても良い感じです!

そらのシアバター、改良され気温が低くなっても固くならないようになりました。使いやすいですよ。
最初の製品は、爪でかりかりやらないと取れなくて、ちょっと使い勝手が良くなかったですね。申し訳なかったです。

ここへきて、リピートのご注文が増えてきました。
あるお客様が「そうそう、去年使っていて、あのシアバター良かったのよね〜」と1つご注文くださいました。

シアバターがあれば、これからの乾燥の季節も安心です!!

ふたを開けたところ.jpg

そら シアバター について詳しく→

posted by そら 新藤 at 10:58| Comment(0) | シアバターの保湿効果

2014年08月26日

シアバターと脂性肌

シアバターと脂性肌、いっけん合わないように感じるかもしれませんが、皮脂が出すぎるタイプの脂性肌のひとこそ保湿が必要なんです。

それは、なぜ皮脂が出すぎるのか? を考えると答えがでます。肌は乾燥すると、自分で皮脂腺から皮脂を分泌し潤いを保とうとするしくみがあります。

肌表面の湿度といいますか、乾燥度合いがバランスを保っていれば、皮脂をそんなに出す必要はありません。ところが、保湿をせず肌を乾燥させていると、常に皮脂がでてしまい、しまいに皮脂腺も肥大してきて、ますます沢山の皮脂を作り出すようになってしまいます。

こうして、皮脂分泌をさかんにしてしまうと、ますます悪循環になります。べたべた、ぎとぎとするので、より念入りに洗顔をしたり、ごしごしこすったり、脂取り紙で皮脂をひんぱんにぬぐい取ったりします。またそれで肌が乾燥するので、さらに皮脂が分泌されてしまいます。

という具合です。

この悪循環をたちきるのが、良質なオイルによる保湿です。さらっとして肌に入っていくタイプのアルガンオイル、肌の表面にオイルの膜をつくってフタをするように保湿するシアバター、この2種類のオイルがおすすめです。先にアルガンオイルをぬって、そのあとシアバターをつけるというふうに使い分けしていただくと、効果的です。もちろんシアバターだけでもかまいません。

保湿をするようになると、皮脂が十分足りている状態になりますので、皮脂分泌量はだんだん減ってきます。そして、皮脂腺も縮小して毛穴も小さくなってきます。Tゾーンのテカリや、小鼻の黒ずみもしだいに気にならなくなってきます。

このことは、わたし自身も体験しました。鼻の頭やあごの脂肪のぶつぶつ(角栓)も無くなって驚いています。ほんとにそうなりますので、試してみて下さい。洗顔石鹸(そらフェイシャル・ソープの相乗効果もあったかもしれませんが)。

今年目尻しわなくなった.jpg

シア脂.jpg

ふたを開けたところ.jpg

そら シアバター について詳しく→



posted by そら 新藤 at 13:39| Comment(0) | シアバターの効果

シアバターは深いしわに効くか?

シアバターは深いしわに効果ありますか? すごく深いしわなんですけど。肌は乾燥しているほうです。

午前中初めての方から、こんなご質問の電話がありました。

やってみる価値はあると思いますよとお答えしました。肌が乾燥しきってしまって、かたくなって、折りたたまれた「畳みじわ」にお悩みなのだと思います。
肌もずっと同じ細胞がそこにあるわけではなく、生まれ変わって新陳代謝はしています。なのにどうして深いしわがそのままなのかというと、肌が弱り切ってしまって自己回復力を失っているからです。

保水力、保油力、皮膚の組織をくみたてる力、それらが正常であれば、はりのあるなめらかな肌でいられますが、そのどれかが欠けていたり、またはすべてが失われていたりすれば、もとに戻る力がありません。

そうしたときにどうすればいいかというと、援助、つまり補助となる助けが要るわけです。水分と油分は、お風呂上がりに速やかに化粧水と油分(乳液、オイル)を補います。シアバターは肌に密着しカバー力が高いのでフタをするようなつもりでつけるといいです。しわが深いところにはたっぷりと重ねづけしてください。あとは化粧品のクリームなどは要りません。

こうして保湿してあげれば、保水力も保油力も少しずつ肌が取り戻していきますので、肌自身の自然治癒力がアップしてきます。

いままでのやりかたでは負のスパイラルだったわけで悪循環から抜け出せなかったのだと思いますが、肌の手入れも、きちんと汚れを落とす洗顔と保湿、この大事な2つの点をしっかりおさえていれば、かなり肌の状態は回復します。よいほうに回り出すと、ますます肌の新陳代謝はよい循環になってきます。

シアバターの保湿は重要なかぎとなります。肌が乾燥している状態とは、水分が肌表面から蒸発しっぱなしで油分も足りない状態。シアバターで肌の表面にオイルの膜をつくってあげると、角質もやわらかくなり、表皮に水分と油分が保たれるようになってきます。

だから、肌がしっとりとし弾力性がでてきて、なめらかになりツヤもでてくるのです。肌が健康に戻るわけですね。

浅いしわ、深いしわといっても、表皮は1.5oくらいしかありませんからその範囲でのことです。もしよほど深いしわであるならば、もっと肌の深い部分(真皮)にもダメージが及んでいるのかもしれません。そこは、新しい皮膚細胞がつくられるところです。ビタミンやタンパク質などの、皮膚をつくるために必要な栄養素が不足しているかもしれません。

そうなると、外からつけるだけでは足りませんので、サプリなどでビタミンなどを補給する必要がでてきます。

いずれにしても、シアバターで朝晩保湿してみて、1〜3ヶ月でどこまで回復できるか試してみるのも手かと思います。途中、そらフェイシャル・ソープやアルガンオイルを加えていくのもおすすめです。助けが増えれば肌の回復力もはやく戻るのではないでしょうか。

ふたを開けたところ.jpg

そら シアバター について詳しく→



posted by そら 新藤 at 13:17| Comment(0) | シアバターの保湿効果

2014年08月25日

秋の気配を感じたらそろそろ顔にもシアバター

暑い暑いといいながらも、朝晩は涼しくなり夜は虫の音が聞こえ、秋の気配を感じるようになりました。夏のようなじめじめもなくなり、これから空気も乾燥してきます。

先週末美容院に行ったのですが、なんで美容院の鏡って肌の様子までああくっきり見えてしまうんですかね? なんだか肌に疲れが感じられて、めずらしく目の下にクマができていました。ショックです。
ずっと暑かったから、7月8月と目の周りにはシアバターをつけていませんでした。

これは大変!と思い、夜目の周りにたっぷりシアバターをつけて「集中補修」。たくさんつけてもシアバターは全然べたべたしないのがいいですね。アルガンオイルほどではないですが、シアバターもけっこう肌に入っていくオイルです。

目の周りは身体のなかでいちばん皮膚が薄いそうです。
調べましたら、顔では頬 2.4o、まぶた 0.8o、目尻 1.4o、目の下 1.2o
となっており、頬の半分くらいしか厚みがないんですね。そのうえ目の周りには皮脂腺も汗腺もありませんので、乾燥しやすいのは当たり前なのです。だから目の周りにはしわができやすいんですよね!

さらに、まばたきは一日に2万回もしているんだそうです。乾燥しているうえに運動量が多いのですからたまりません。保湿を入念にしないといけないです。

そらシアバターは、無香料、無添加でシアバター100%。万一目に入ったりしても大きな害はありませんので安心して目の際にもつけられます。

目尻のしわ.jpg

目尻アップ.jpg

ふたを開けたところ.jpg

そら シアバター について詳しく→



posted by そら 新藤 at 10:36| Comment(0) | シアバターお試し

2014年08月12日

シアバター溶けていたら、いったん冷蔵庫に入れ冷やして取り出す

シアバターは25℃くらいで軟らかくなり、30℃を超えると完全な液体オイルになります。これは、脂肪酸組成(どんな脂肪酸がどのくらいの割合ではいっているか)によるシアバターの特性です。
オイル成分構成と本体.jpg

そらシアバター脂肪酸組成.jpg

「バター」という名前もそのへんからきているのかもしれませんが。食用のバターも常温では固形を保っていますが、体温くらいで軟らかくなって、熱したフライパンにのせた途端液状に溶けますね。

真夏の屋外は30度を超える暑さ。弊社ではシアバターサンプルをメール便でポストへお届けしていますので、お客様は取り出すときにちょっと注意が必要です。日中配達されたシアバターサンプルは、中で液体に溶けている可能性が高いです。屋外に設置された金属のポストなどは熱が伝わりやすいので、結構熱いでしょうね。

夏溶ける2.jpg

夜外気温が下がって、帰宅後ポストからサンプルを受け取ったとします。触った感じは温度が冷めたようにお感じになると思いますが、いったん液状まで溶けてしまったシアバターはなかなか固形に固まりません。最近では熱帯夜の日も多く夜でも25℃ということもありますし。

サンプルを手にしたら早く中味を見てみたい!とお思いになると思います。そこで冷蔵庫に入れて一気に冷やしてください。30分もすれば固まると思います。そうしたらもう外に出しても大丈夫。あとはいちいち冷蔵庫に入れる必要はありません。洗面所やリビングの陽の当たらないなるべく涼しい場所において下さい。

サンプル写真.jpg

そら シアバター について詳しく→





posted by そら 新藤 at 10:03| Comment(0) | シアバターお試し

2014年07月22日

夏、外気30℃超えのなかではシアバターは液体に溶けてます!

梅雨も明け暑いです!スマホで調べると外の温度は「32℃!!」だそうです。いやあ、出たくないですねえ。

先週新規のかたから、シアバターサンプルについてご質問のお電話をいただきました。サンプルがポストに届いてそのまま何時間も炎天下おきっぱなしで大丈夫でしょうか?とご心配されていました。

外気が25℃を超えるとシアバターは溶けますので、室内に入れてすぐに開けないでしばらく待って温度が下がってからフタを開けて下さい。と、お答えしたものの…どれくらい溶けるんだろうか??とわたしも心配になり実験してみました。

夏溶ける.jpg

会社2階のベランダ日陰にシアバターを放置してみたところ、見事にとろとろに溶けていました。ほとんど液体オイルです!! ここまで溶けるとは!
お客様にも注意を呼びかけなければ。

夏溶ける2.jpg

日中ポストに届いていたサンプルを室内に持ち込み、すぐに開けてしまうとこぼしてしまう危険があります。そのぐらい溶けてます!気をつけてください。

25℃以下に冷めれば元の通りまた固まります。すぐに開けたい気持ちをちょっと抑えて、30分くらい待ってください。
こうして、一度溶解して再度固まっても、品質に影響はありません(何度も意図的に繰り返すのはオイルの劣化をまねきかねませんのでなさらないで下さい)。
posted by そら 新藤 at 14:00| Comment(0) | シアバターお試し